社員教育コラム

PDCAサイクルの確立が不可欠

社員教育の効果を上げるには、PDCAサイクルの確立が不可欠であります。
「Plan(計画)」→「Do(実行)」→「Check(評価)」→「Action(改善)」

仕事の修業ならではの機能

『仕事の修業』は <作成→出題→解答→解説→分析> この流れを繰り返すことで学習効果を高めるように便利な機能を備えています。 ただ見るだけ、読むだけの学習は退屈で苦痛です。 『仕事の修業』は、クイズ形式のコンテンツをITの専門的知識が無くても作成できます。

「教育をしようとする人が、自分で簡単に効果的な教材を作ることができる。」これが『仕事の修業』の特徴です。

多くの企業様が仕事の修業を利用することで、教育研修の効果を上げることに成功されています。

計画 Plan

社員教育の計画を立てます。ポイントは目標を明確にすることです。

  • なぜ社員教育を行うのか、誰に何を教育するのかなどの目的を
    はっきりすることこそ重要です。
  • 問題点をしっかりと把握し、社員教育内容を決定します。
  • 対象とする社員、行う期間などを決めます。
実行 Do

計画に基づき、社員教育を実施します。

  • 集合研修前後に必ず理解度チェックを行います。
    特に講師を招いた場合行う必要があります。
  • すべての周知を問題として回答してもらいます。
評価 Check キーワード別、設問別などのチャレンジ履歴の統計結果に基づき、行った社員教育の問題点を洗い出します。
改善 Action 評価にて洗い出した問題点を元に、改善策を提示します。
さらに次なる社員教育計画に反映します。

製品に関するご相談・お問い合わせは、右記の電話番号または専用WEBフォームより承っております。後日営業担当よりご連絡をさせていただきます。まずは、お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ06-6339-9403
お問い合わせ

Copyright © エフアンドエムネット株式会社 All rights reserved.