活用シーン

新入社員教育

会社にとって新入社員は会社の将来を担う重要な人財です。 新入社員にとって会社はこれからの人生を託す重要なステージです。 会社の一員としてスタートするときの新入社員教育として、どんな内容のことをどのように実施するかで、その人のその後の活躍を大きく左右するでしょうし、それは会社の将来に大きな影響を与えることになるでしょう。

これまでの新入社員教育

入社前、入社後それぞれに新入社員教育があります。会社の施設、あるいは外部の施設に集まり、合宿形式で行われることが多いようです。 確かに、先輩社員と新入社員、あるいは新入社員同士がふれ合い、連帯感を持つことはとても重要で、そのために効果的な教育手段と言えるでしょう。

しかしながら、「知る」「覚える」「解する」といった内容の新入社員教育は集合教育ではなかなか効果が上がりません。 なぜなら、これらの「知る」「覚える」「理解する」というものは個人差があるからです。集合教育で足並みを揃えるにはロスが多く発生します。個別に、その人のペースに合わせた新入社員教育が理想的でしょう。

仕事の修業で問題解決

インターネットを利用した学習環境が有効的で、これであれば自宅からでもアクセスすることが可能になり、内定者や遠隔地の人がいつでも自分の都合のいいときに、何回でも学習することができます。 一度覚えたものも忘れられるものです。忘れないためには繰り返し学習する必要がありますが、これも集合教育では限度があり、各自が各々自分の都合のいいときに、自分のペースで学習するのが望ましいでしょう。

自社に合った問題作成が可能

新入社員教育の内容はビジネスマナーや就業規則、あるいはその企業に必要な業務知識、基礎技術など多岐にわたるでしょう。 これらの新入社員教育内容はほとんどがその会社独自の内容です。就業規則や業務知識などは特にその傾向が強いのではないでしょうか。

『仕事の修業』にはビジネスマナーのサンプルがあります。これをご利用いただくことも有効ですが、やはりその会社 独自の新入社員教育教材を自社で作成するのが望ましいでしょう。 これには『仕事の修業』のTCE(Theme Create Engine)*1が有効です。TCEを使えば誰でも簡単に教材を作成できます。

社員の受講状況を把握できる

新入社員教育の受講実績の管理には『仕事の修業』のRCE(Report Create Engine)*2が有効です。 RCEを使えば受講状況をリアルタイムに把握でき、報告書の作成も簡単にできます。不安と期待でいっぱいの新入社員を適切にフォローするには、正確に状況を把握することが新入社員教育としてとても重要です。

*1TCE(Theme Create Engine)とは、当社がオリジナルに開発した問題生成エンジンです。 どなたでも簡単にコンテンツ作成が可能になります。

*2RCE(Report Create Engine)とは、当社がオリジナルに開発した履歴ファイル生成エンジンです。どなたでも簡単に履歴ファイル作成が可能になります。

eラーニングでの教育をお考えのご担当者様はぜひ一度、仕事の修業をお試しください。
製品に関するご相談・お問い合わせはお気軽にお申し付けください。

製品に関するご相談・お問い合わせは、右記の電話番号または専用WEBフォームより承っております。後日営業担当よりご連絡をさせていただきます。まずは、お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ06-6339-9403
お問い合わせ

Copyright © エフアンドエムネット株式会社 All rights reserved.