eラーニングテスト問題作成ツール「仕事の修業」では、オリジナル問題を簡単に作成、効率良く社員教育を行えます。

下請法(概要・禁止事項・運用)サンプル

URL:

下請法 T社

概要: 法務関連の研修に仕事の修業をご導入して頂いたT社 法務部がご利用の内部研修コンテンツから第一弾として下請法(概要・禁止事項・運用)サンプルを提供致します。

◆下請法研修問題集概要: 設問数 100問
 (T社 法務部よりご提供いたします。)

ご興味がありましたら、該当ページ右上の「お問合わせ」フォームにてご連絡くださいませ。

チャレンジして答え合わせするには、ログイン する必要があります。 登録(無料) し、グループを作ってお互いに問題を出し合いましょう。
人材教育担当者様、貴社内に仕事の修業のご活用を考えてみませんか。 気軽にお問い合わせください。

1. 下請法は、「対象となる下請取引の範囲」及び「親事業者の守るべき行為」を明確にし、公正取引委員会と中小企業庁等に「親事業者・下請事業者に対する強い検査権限」を与え、規制を守らない親事業者に対しては「勧告」という行政措置を取り得るようにすることにより、問題を早く円満に処理することができるようにして、迅速かつ効果的に下請事業者の保護を図ろうとするものです。

JPG ファイル

JPG ファイル (クリックすると拡大表示されます)



2. 買いたたきの禁止

「買いたたき」とは、親事業者が発注に際して下請代金の額を決定するときに、発注した内容と同種又は類似の給付の内容に対して通常支払われる対価に比べて著しく低い額を不当に定めることをいいます。
次に記述する行為について、下請法が禁止する買いたたきに該当するかおそれがあるか否かを解答してください。

「下請事業者からの同種の給付について、特定の地域または顧客向けであることを理由にその部分について通常の対価より低い単価で下請代金の額を定めること。」

JPG ファイル

JPG ファイル (クリックすると拡大表示されます)


  
  

3. 下請取引の監督官庁は、次のうちどの役所でしょうか。 次の中から選んでください。






採点する

チャレンジして答え合わせするには、ログイン する必要があります。 登録(無料) し、グループを作ってお互いに問題を出し合いましょう。
人材教育担当者様、貴社内に仕事の修業のご活用を考えてみませんか。 気軽にお問い合わせください。

下請法(概要・禁止事項・運用)サンプル

法務関連の研修に仕事の修業をご導入して頂いたT社 法務部がご利用の内部研修コンテンツから第一弾として...

おすすめテーマ一覧

このページの先頭に戻る

プライバシーマーク
プライバシーマーク
【認定年月日】
平成28年9月20日
【認定番号】
第20000763(06)号
会社概要

エフアンドエムネット株式会社

〒:564-0063
大阪府吹田市江坂町1-23-38 F&Mビル5F
TEL:06-6339-9403

PR